勉強を始めるのはテキストから?過去問から?

次に

オススメの勉強法について話していきます。


どーやって勉強したらいいのかわからない

 

独学だと合格へのプロセスがわからない

f:id:takkenngakusei:20181214132903j:plain

 

独学で本当に合格できるか不安

 

テキストと過去問の使い方がわからない

 

効率のいい勉強方法をしりたい!

 

合格への最短経路を知りたい!

f:id:takkenngakusei:20181214133005j:plain

 

独学で合格して自信をつけたい、自慢したい

等、思っている方もいると思います。

現に過去の合格者の方は

テキストから始めた

 

過去問をひたすら解いた

 

過去問を解くときの辞書代わりとしてテキストを使った

など様々です。

f:id:takkenngakusei:20181214133028j:plain

私も最初、何から始めればいいのかわからず、

結局何もしない日がありました。

そこで、

まず何から始めればいいかを明確にしておきます。

それは

「テキストを完璧にする」ことです!

f:id:takkenngakusei:20181214133152j:plain

なぜか?


過去問から始めるとわからないことばかりで

自分はできないんじゃないか」と不安になってしまったり、

辞書代わりにテキストを使っていても、

途中から調べるのがめんどくさくなり

解きっぱなしで理解していない事態を招きやすいからです。

 

f:id:takkenngakusei:20181214133235j:plain

みなさんも

過去問を解いているのに全くできない

と不安になったり、

いちいち調べるのがめんどくさくなり、

投げ出したくなるときありますよね。

そういう事態を起こしてしまう危険性があるのです。

なので、まずテキストから始めましょう!

 

f:id:takkenngakusei:20181214133320j:plain



ではさらに

具体的にテキストの勉強方法ついて手順をおっていきます。

ステップは3段階です。


ステップ1  まず最初に勉強したい分野を決め、

      その分野を一回読みきる。

f:id:takkenngakusei:20181214133553j:plain

まず、

その分野の全体概要を掴むためにも一回全てを読みましょう!

ここでは内容理解は大体で大丈夫です。

またオススメのテキストでも紹介したように、

教科書的なテキストより、講義形式のテキストの方が読みやすいです。


ステップ2  内容を理解しようとしながら、ノートに書く

f:id:takkenngakusei:20181214134040p:plain
ポイントは「内容を理解しようとする」です。

そのためにも「ノートに書き写す」のではなく

テキストの内容を自分なりに

要約や簡単な言葉に置き換えて書きましょう。

そうすることで

後で見返したときにも理解、定着がしやすくなります!


ステップ3  テキストに一言コメントや簡単な説明を書きながら、

      もう一度読んでいく

f:id:takkenngakusei:20181214134429p:plain

ポイントは、「一言コメントや簡単な説明を書く」ことです。

人はただ書く、読むだけではあまり覚えられませんが、

人に教えようとしたときに理解、暗記がしやすくなるのです。

そのためにも人に教えるつもりで書き加えましょう!

 

以上がテキストの活用方法です。

f:id:takkenngakusei:20181214134528j:plain

まずはテキストを1回読んでみましょう!

またテキストを読み尽くすことが

理解、定着に必須なので、

ボロボロになるまで読み続けましょう!