就活までも有利に進む!!?

では次に

なぜ就職活動で有利になれるかについて話していきます。

 

宅建士をとったからといって就活に生きるかわからない

 

そもそもなんでとらなければいけないの?

f:id:takkenngakusei:20181213231402j:plain

 

宅建は就職してからでいいでしょ?

 

学生時代は遊んでいたい!

 

就活にどう生きるか知りたい!

 

資格をとる利点を知りたい!

 

企業にどう思われるか知りたい!

 

と思っている方も多いと思います。

 

結論から言うと必ず有利になります!!

f:id:takkenngakusei:20181213231441j:plain

 

まず、

「なぜ宅建資格を取らなければいけない」

のかの説明をしていきます。

 

宅建試験に合格すると

晴れて「宅建士」になることができます。

そして不動産などの企業の業務の中に

宅建士」しかすることができない「特別な業務」

があるのです。

f:id:takkenngakusei:20181213231553j:plain

 

みなさんの中には、

一人暮らしをしている方もいると思います。

思い出して欲しいのです。

マンション、アパートを賃貸する契約をするとき、

難しいことを永遠と喋っていた人がいると思います。

 

f:id:takkenngakusei:20181213231816j:plain

 

そうです。

あの仕事が「宅建士」にしかできないのです!

また事務所に必ず「専任の宅建士を1人」、

または「宅建士を従業員の5人に1人以上雇用する」

と言う法律があるのです。

 

これを読んでいただいた方にはもうわかると思いますが、

宅建士に合格している人としていない人では

とてつもなく大きな差があるのです!

f:id:takkenngakusei:20181213231835j:plain

 

そして、就職活動についてですが、

基本的に不動産関連の仕事に内定すれば、

その年の試験に受けさせられます。

 

企業側は宅建試験に受かってくれる「だろう」

期待して、採用するのです。

しかし、

その内定者の中には悔しくも落ちてしまう人がいるのです。

f:id:takkenngakusei:20181213232026j:plain

 

しかし、あなたが既に合格していたらどうでしょうか?
また、企業側に、

学生時代、ちゃんと勉強して来たんだな!

f:id:takkenngakusei:20181213231953j:plain

とも思わせることができるのです!
したがって、宅建試験に合格することにはメリットしかないのです!

 

さあ、ごく一般的な就活生に埋もれてしまうのか、

今、勉強し他の就活生と差をつけるのか

決めるのはあなた次第です!!