参考書は1つに絞ってとことんやりこめ!

では次に参考書について話していきます。

皆さんの中には

どの参考書がいいのかわからない

 

何種類もあって、決めれない


参考書が厚くて、持ち運びが辛そう

f:id:takkenngakusei:20181213161906j:plain

オススメの参考書を教えて欲しい!

 

初心者でも理解しやすい参考書を教えて欲しい!

 

説明が丁寧な参考書を知りたい!

と思っている方も多いと思います。

 

私もどれがいいのかすごく悩みました。

そこで今回は

オススメの参考書について紹介していきます。


まずは実際に私も使っていた参考書

スッキリわかる宅建士 テキスト+過去問スーパーベスト

f:id:takkenngakusei:20181213161920j:plain

です。

1冊にテキストと厳選された過去問が入っています。

さらに分野ごと、テキストと過去問ごとに

小冊子のようになっていて、8冊に切り離せ

持ち運びがしやすく、工夫されています。

そのため分野ごとに持ち運べ、苦にならないのです。

通学などの細かい時間

にすぐに取り出せ、読めるのもいい点です。

f:id:takkenngakusei:20181213162059j:plain

 

また、テキストには例題を混ぜてあり

すぐに確認できるのもいいところです。

章ごとにまとめがあり、理解度も増します

しかし過去問の量は明らかに

足りないので別の過去問がもう一冊必要です。

 


もう一冊紹介したいのが

らくらく宅建

f:id:takkenngakusei:20181213161948j:plain

です。

「らくらく宅建塾」のポイントは

講義形式の文章で読みやすく、

イラストや図表が多いため視覚的にも理解しやすいです。

また、完全初心者向けに解説されていて、

法律がわからない方でも

無理なく理解できるように感じました。

 

他にも「わかって合格る宅建士」や

「みんなが欲しかった!宅建士の教科書」などがあります。

f:id:takkenngakusei:20181214011714j:plainf:id:takkenngakusei:20181214011723j:plain
オールカラーで見やすいですが、

説明が雑のように感じるので初心者の方にはオススメしません。

 

 

持ち運びによるストレスを考えると「スッキリわかる宅建」、

内容のわかりやすさだけを考えると「らくらく宅建

ということになります。

 

私はストレスを感じたくないので

「スッキリわかる宅建士」を選びました!

みなさんも参考にしてみてください!